せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水天宮詣で

昨日、妊婦検診の後、水天宮に行ってきました。
立川に安産祈願ができる通称”立川水天宮”という神社があるということだったので、車でそっちにいくつもりだったのだけど、ガン介さんがその後いろいろ調べた結果(どこで何を調べたのかしらないケド)、やっぱり蛎殻町の水天宮に行きたいというので、JR、地下鉄乗り継いで行って参りました。

平日とはいえ、やはり戌の日。
うじゃうじゃと人で溢れていました。まず第一に思ったのが、「ここにいる女性、みんな妊娠5ヶ月かと思うと、気持ち悪い」。かく言うわたしもその一人なのですが。
本殿でのご祈祷のときは、その妊婦がいっぺんに30~40人、ぞろっと正座することになるので、不気味さ倍増(笑)。

ご祈祷済みの腹帯(岩田帯)とお札、お守り、ご祈祷・・・締めて6,000円也。
もったいないし、第一カトリックだし、ご祈祷は省略でいいよと言うも、ガン介さんに「いいよ、いいよ、一人目なんだし万全を期さないと」と説得され、ご祈祷もしてもらうことにしました。
親子の犬の像をなでなでして、写真も撮って、任務(!?)終了。

水天宮周辺にはマタニティショップも何軒かあって、そのひとつに寄って、ルームウェアのパンツ(冬物処分で安売り)と、雑誌でもよく見る「マタニ・ティ」を買いました。うざめなセールストークのおばさんがいて、ちょっと辟易。

蛎殻町には、ガン介さん側の親戚の住まいがあって、そこのお嫁さんは、流産経験があるとか。あんな妊婦の集う街に住んでいて(マタニティショップなんかもあって)、その当時はさぞかし地獄に思ったのではないかと想像してしまいました。今じゃ元気な子供が二人いて、良かったことですが。ま、もっとも、そんなにナイーブなタイプじゃないかもしれません。

帰宅後、ガン介さんに腹帯を巻いてもらいました。
すぐに窮屈になって解いてしまいましたケド(苦笑)。

検診でくるりんにも会えたし、充実した一日でした。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。