せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水玉Wガーゼのベビードレス

060308.jpg


『ベビーのための手縫い服と小物』(主婦と生活社、私のカントリー別冊)より。

一見、水玉模様には見えないと思いますが・・・。
小さな手芸店で売れ残っていたWガーゼで、小さな細かい白の水玉に小さなクローバーが散っている模様です。表面に若干光沢があって、その分か、割と厚めな感触のWガーゼです。
素朴で可愛くて気に入ったのですが、幅が70センチしかないところが最大のネック。作りたいと思っていたベビードレス(というか、ほとんどただの長肌着のようなものだけど)の型紙が取れず、思案の末、身頃の型紙をラグラン線で分断することにすることにしました。

今回は、前に縫ったコンビ肌着の反省を生かして、袖下から脇へいっぺんに袋縫いにするようにしたのですが、ラグラン線に縫い目があって布が分厚くなっていたこともあってか、やっぱり脇の下にかなりシワが寄ってしまいました。考えてみれば、袋縫いの縫い代のカーブの部分って、切り込みを入れるわけにもいかないし、物理的にシワが寄るのはどうしようもないですよねぇ。まぁ、これも着せてしまえばあんまり分からないことだとは思いますけれど。
(画像は、シワの寄った脇の下を隠すために袖を畳んで撮影しちゃいました・・・苦笑)

今回は、ラグラン線の部分と袖口の三つ折りのまつり縫い以外はほとんどミシンを使って仕上げたので、割と楽でした。
バイアステープは今回も「やわらかガーゼ」で、相変わらずぐにょぐにょして縫いにくかったデス(涙)。表はまだしも、裏側を見るとかなり悲しい仕上がりです。

20060308161819.jpg

布の接写(↑)。
馬鹿だなぁ、わたし。肝心のクローバーがアップに写ってない(苦笑)。

うーーーーん。。。
柄のついたWガーゼと思ってもっと可愛らしく出来上がるかと想像してたけど、結局、かなり地味な作品になってしまいました。
ま、いっか。くるりんさえ(着心地を)気に入ってくれればね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。