せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦歯科健診

昨日は、ちょっと調子に乗って、午後から近所の歯医者へ妊婦歯科健診へ行ったりもしたのでした。

結果は・・・小さな虫歯1本、過去に神経を抜いたところの神経の根が残っていて腐っているかもしれない歯1本、詰め物が取れかけている(隙間ができている)歯3本と・・・想像以上にいろいろ問題があってがっかり・・・。しかも、母親学級で一緒だった妊婦さんの話では7ヶ月までは治療できるらしいという話だったのに、わたしが行った歯医者は、レントゲンを撮らないといけないので治療は全部、出産後に、と言われてしまいました。

今思うと・・・詰め物のところに隙間が・・なんていうのは、ちょっとそこの歯医者のがめつさかなぁ?なんて思ったりもして。

本当はね、良い評判のある、最近出来た歯医者にかかりたかったのだけど、市の妊婦歯科健診の協力歯科リストに載ってなくて、念のため直接尋ねてもみたのだけど、やっぱりあいにくまだ駄目とのことでした。もう少しで市の歯科医師会に入るのでそうなったら受け付けられるのだけれど・・という話でした。うーむ、惜しい。

でも、出産後の治療はその新しい歯医者さんでやってもらおうかなぁと思ってみたり。何も言わずに口の中を見せて、そこの歯医者さんも3本も詰め物を詰め直したいと言い出すかどうか、ちょっと興味アリ。

同じ商店街のエリアに歯医者が3軒もあるのよねぇ。結構、競争が激しいんじゃないかなと思うんだけど。今後、子供の歯医者のかかりつけをどこにするかという問題もあるし、3軒の中で一番信頼おけそうな歯医者を選べるといいな。


昨夜、飲んで帰ってきたガン介さんは、やっぱり昇進がおじゃんになってしまったことがよほど堪えていたようで、いつもの陽気な酔っ払いではなく、溜息ついたり暗い表情でぼんやりしたり・・でした。やっぱり昇給が期待していたのの3分の2ぐらいになってしまうのだそうです。
「ガン子に少しでも楽させてあげたいと思っているのに・・」と。
・・・そんなのいいのに。
やっぱりベビーベッドのこととかでピーピー言うのがガン介さんへのプレッシャーになっているのじゃないか、なんてわたしも複雑な気持ちになってしまいました。
わたしがバリバリ働くワーキングウーマンでさえあれば(今までずっとそうで貯金も存分にもっていたりしたのであれば)、家計なんていっぺんにどんぶり勘定でOKになってしまうのだけどナ・・と、わたしも何だか悲しい気分。

二人目のこととかも、考えちゃうのよね。
授かりものなんだし、こんな考えしちゃいけないんだけど、現実的なことを言えば、子供って、ゆくゆくの教育費のこととかまで含めて考えると一人何千万とかいう買い物と同じなんだもんね。二人目、三人目を望むということは、それだけの贅沢を望むようなもの。
「二人目も欲しいよね☆」
とガン介さんに言うことは、それだけガン介さんに「がんばらねば」というプレッシャーを与えることになってしまう。なんだか安易に言っちゃいけない台詞のような気がしちゃうのデス。ガン介さんは義父から「男は働いて妻子を立派に養ってこそいっぱし」というようなことを吹き込まれて育てられているから、こちらが想像できないぐらいの、そういう”男気”みたいなものを持っているみたいなのよね。だから、仮にわたしにも甲斐性があって、それで家計を大きく支えることになっても、ガン介さんの気持ちはほとんど満たされないんだろうってことも感じられるわけで・・・本当に複雑です。
でもさ、例えばお義父さんという人はそんな価値観の持ち主だからこそ、人より早く身体を壊して働けなくなってしまった今、生き甲斐(自分の存在価値、みたいな?)を100%見失ってしまって参ってしまっているわけで・・。
人生の意味とか、命の価値とかって・・・今後子供にも伝えていかなきゃいけないことだから、今一度じっくり確かめたいところ。少なくとも、(男の子に産まれて来るかもしれない)くるりんには、「男は甲斐性があってなんぼだぞ」なんてことは決して吹き込みたくないしね。そもそも男だったらとか女だったら・・とかいう足枷はやっぱり最小限にしたい。
うーん、いろいろ、課題山積み。
スポンサーサイト

Comment

子沢山 

子どもは何人いてもきっと何とかなる、と思いたいです。いつもテレビで「大家族スペシャル」を見て驚くのは子どもが10人くらいいてもお父さんが高給取りなんかじゃなくて普通の職人さんだったりすること。価値観の問題なのかもしれませんね。
うちも子どもにお金かけるつもりはないし。全部公立、大学行きたいなら自分で何とかせい、というつもりです。
私は逆に旦那にもうちょっと男気を持ってほしく、「子育てに専念してくれ」って言って欲しかったりするんだけど、まあ男気を持ちながらもプレッシャーに押しつぶされないためには、自分じゃなく神様が養ってくださっているっていう信仰が必要でしょうけどね・・・。
  • posted by パンプキン 
  • URL 
  • 2006.03/29 19:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

パンプキンさま 

コメントありがとうございました☆
わたしも、本来的には、子供が増えてもナントカできるはず(神様がナントカしてくれるはず)という考えをもっていたはずなのに、なんだか・・・・ここのところ、ガン介さんの実家の人々と雑々とした付き合いに身を置いて八方美人な態度を取っているうちに、自分のコアな部分までがズルズルに溶けて消えうせていっているような感じで、ダメダメなんですよ・・・。
いくら嫁でも、魂まで譲ってしまっちゃダメだって、思っているんですが(涙)。
自分をちゃんと取り戻して、現実は何も変わらないながらも、もちっと気持ちを逞しく保って行きたいところです。
  • posted by ガン子 
  • URL 
  • 2006.03/29 21:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。