せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポン!

25週4日

昨夜、ガン介さんが帰る前に泣きのケータイメールを送っておいたら、帰りに苺を買って帰ってきてくれました。食後に(在り合せの夕ご飯だけは必死で泣きながら作ったわたしでした)、いつもよりコンデンスミルクをたっぷりかけて頂きました。とてもとても美味しかったです。
ヨーカ堂、安物のベビーベッドなんか売ってて憎らしかったけど(苦笑)、ガン介さんの遅い帰宅時間にも食料品売り場がまだ開いているところには、ちょっと感謝。

夕ご飯を食べながら、下の記事に列挙したようなクヨクヨをほとんど洗いざらい打ち明けました。けっこー、わたしの杞憂だった部分や、誤解(見落とし)してた部分もあって、「そーなの??」って感じでやっと涙の蛇口もキュッと閉まってくれました。

まずは、子供が増えることでガン介さんにかかるプレッシャーの件。改めてちゃんと問うてみると、
「え? 二人目ぐらいはふつーに欲しいと思ってるよ」
と気楽な調子で返事が返ってきました。「流石に、4人目とかだったら、オレ弁護士にでもなんなきゃだめかなーって思うけど(笑)」だって(それって、”行列”の橋下弁護士のことかな?)。会社から子供一人につき幾らの手当てが出るんだよとか、わたしを安心させようとするかのようなことを楽しそうにいろいろ話してくれました。ガン介さんの会社の先輩、上司の人たちが割とみなさん子供を何人も持っているようだから(確かに写真付き年賀状を見てもそれは分かる)、それでガン介さん自身も結構安心しているのかもしれません。「まぁ、このままこの会社に勤めている分には大丈夫だろう」という感じに。なんか、子供自慢の話が多い職場だと最近もぼやいてもいたっけ。日頃はモーレツに働かされる会社ではあるけれど、いざとなったら子供を理由に会社を抜け出すことにも割と鷹揚な職場だったりするのかもしれません。

「でもさ、最近ずっと”がんばらんと”が口癖だったじゃん。昇進がおじゃんになったときもすんごく凹んじゃったし。わたしはさ、ガン介さんがそーなっちゃうのは、お義父さん譲りの変な男気が強いせいなんじゃないかと思って恨みがましく思ってたんだよ」
と言うと、
「うーーん、、、、”男気”って言っても、それは、もしウチのオヤジが聞いたら心外・・というか、・・・」
「濡れ衣だと言う?」
「ん・・・、確かにオヤジの背中を見ながら育ってきたわけだからね。でも、見習っているのはそれだけじゃないんだよ。オヤジはとにかく家族の面倒を良くみたし、母親にもすごく優しかったんだから。オレはそういうところも、オヤジを見習っているんだよ」
「・・・そう・・・なのか。。。。」

これにはちょっと、はっとさせられてしまいました。お義父さんがマメな人であることや、義両親の夫婦仲が良いことは今までにも知っていたことだったけれど、そのことをずっと見落としていました(流石に今はあまり目に付かないことなので)。ついつい、今まさに眼前に見えるマイナス面のことばかりに目がいってしまっていました・・。
実は、ガン介さんがとびきり愛妻家なのは、お義父さんというお手本があってのことだったのね。それじゃ、今のわたしの幸せは、お義父さんのお陰でもあるということじゃん。。。

それから、細かな価値観の相違については、
「だから、うちらはあんまりべったりくっつかない方がいいって、向こうも言っていることなんだよ」と。
そういえば・・・結婚当初に確認したときも、長男だからといって義両親と同居する必要はない、あっちが拒んでいるんだから、という話だったっけ。義両親は・・自分達の親兄妹とのイザコザで悩まされてきて、今もあちこちと絶縁関係ないし反目関係が続いている人たちだから(わたしの実家の方は親戚一同仲良しこよしなので、すごく意外だったのだけど)、近親間であっても心して距離を調整せねばという覚悟みたいなものが、実は強いのかもしれないのでした。
なんか、長男の嫁だからって、一般論に照らしてすごく気負ってきたものがあったかも。嫁として嫌われないようにしないといけない、何より、放っておいたりしちゃいけない、とかとか。あちらの方から声をかけてこなければ、何かわたしの態度が不興を買ったんではないかとヤキモキしたり。ガン介さんが実家へ行くのを億劫がるのも、実はわたしが義両親から不興を買っていることをガン介さんだけが知っていて、わたしをかばっているのではないかと想像を逞しくしてみたり。でも、そうやって気持ちでムリしているうちに、わたしの中で鬱憤が溜まって、かえって、あら探しとか、ネガティブなことばかり思い煩うようになってしまった。これじゃ、悪循環だよなぁ。
もうちょっと、上手に距離を保つようにしないと。
顔を見せるにしても、あんまり私生活やモノの考え方とか、互いに関心持たず、干渉し合わないないで済むように、おしゃべりの仕方を工夫したりしないとね。

などなど。
いろいろとわたしの中でいっぺんにかなり治まりついた昨夜でした。
また元気になって、まずはくるりんをお迎えすることを楽しみに。
すごく心を乱してしまって、くるりんには申し訳ない半日でした。
ダメダメだけど、でも、こうやってわたしもわたしなりに頑張っているっていうことかな。微々たる前進、かも。
「くるりんは分かってくれているよ」とガン介さんは言います。
そうかな。そうだといいけど。
でも、おかーさんはもっと「お母さん」になれるよう頑張るからね。これからも、どうぞヨロシク。
スポンサーサイト

Comment

not subject 

フタ開けてみたら、思ったよりよかった、ということでよかったですね^^
(世の中、その逆のことが多いものですからね^^;)
ガン子さんは取り越し苦労タイプですか?私もです(^^;
胸の内をガン介さんに打ち明けられたということもよかったですね。
相談してみるものですね♪


  • posted by パンプキン 
  • URL 
  • 2006.03/31 20:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

パンプキンさま 

コメントありがとうございます。
まさに、わたし、取り越し苦労な奴なのでございます(苦笑)。
こゆところも、ちった学習しなければですねぇ。。。
ご心配おかけしましたデス。。

やっと週末。ちょっと二人でのんびりお花火散歩でもして、ぐーっとリラックスしたいものです☆
最近寒いですね、パンプキンさまのお住まいの地方もまだまだ身体にキツイ寒さなことと思います。お気をつけ下さいね。
  • posted by ガン子 
  • URL 
  • 2006.03/31 23:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。