せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗

34週2日

今日は火曜日ですが、第5週目なので太極拳はお休みです。のんびり。

今度の週末にガン介さんが単独でわたしの実家に赴くことを、よく考えもせずうっかり義妹にメールしてしまい(義妹は義妹で同じ週末に実家に来るのでお下がりの引渡しを受けようとスケジュール相談していた)・・、「良い解決がみられることを願っています」みたいなコメントを頂いてしまいました。
いや、だから・・・そうじゃなくって・・(和解しにいくんじゃないんだよなぁ)。
とかとか思い、なんとか少ない言葉で上手く説明しようなどと思ってPCに向かうこと3時間・・・。つくづく馬鹿なワタシ。

わたしとわたしの実家との問題って・・一体なんなんだろう?みたいな根本的な問題に立ち返ってみると、なんだか頭が混乱してしまいます。親子は仲良くなければ幸せじゃない・・? 義妹の無垢な?信念を突きつけられると、正直なんだかイライラと歯がゆい気持ちがしてしまいます。自分の行動に正当性がない、愛と忍耐のかけらもないということが心の奥では分かっているからなのかもしれません。できれば主の前に後ろめたいことはしたくない、クリスチャンらしい問題解決を図りたい、そうできる自分でありたいと願っているからなんだろうと思います。義妹には、そんなところをするどく突いているつもりなどまるでないでしょうが。
義妹には以前「きっといつかガン子さんも我が子を両親に可愛がってもらいたいと願う日がくると思います」みたいな励まし?を受けたことがありますが、そういう感情はきっと一生持たないだろうと思います。持つ必要性を感じません。なぜなら、我が子の存在は自分の手柄ではない以上自慢することじゃないし(もっと言えば祖父母の手柄でもない)、贔屓にしてくれと望むことは野心にすぎないし、親がいなくて祖父母に育てられるというケースでもないかぎり、祖父母からの愛情が子供に必須とも思えないからです。そもそも「可愛がられたい」「可愛がってもらいたい」という感情ほど怪しいものはないように思います。自分にせよ、我が子のことにせよ。個人的に言えば、一度破れた儚い夢のようなもの。あの両親に未練がましくそんなものを期待するということは、醜い執着でしかないように思います。この辺りのことは、デ・メロ師の「ひとりきりのとき人は愛することができる」に学んだことのかなと思います。
・・・てなことをネ、義妹に語ったって分かりっこないのですヨ。
こゆことは独り言。身をもって噛み締めている本人だけの独り言。
もっと上手に心の内にしまっておけるようにしないといけないことです。

そんなこんなで、昨日はクヨクヨしてしまったせいか、どうも胎内環境にも悪影響があったようです。その後に昼寝から覚めたときはまた生理痛様の痛みに悩まされました。起き上がったら治りましたが、起き上がらないといつまでも続きそうな勢いでした。ふぅ。

ゴメンね、くるりん、また心配をかけたよ。
ママはくるりんが幸せな人になれるよう願っているよ。そういう風に育ててあがられるママになれるように一生懸命願っているよ。
無事に産まれてきてね。早く会いたいデス。
スポンサーサイト

Comment

not subject 

マクロビ、がんばっているようですね(^^
うちはまだまだ肉も魚も冷凍室の中で、ゆっくりとした移行になりそうです。でも少しずつでも、よい方に向かっていると信じて。

今回のお話の件ですが、以前、私がマクロビをはじめたきっかけになったママさんのHPから、あるページに飛んでいって「うーん」とうならされたことがあります。うちの旦那のことにはよくあてはまるように思いました。
旦那のお父さんはギャンブルやって働かない人で、そのために旦那のお母さんが苦労して、旦那は亡くなった今もお父さんを嫌っているようです。墓参りも一度も行ったことがないとか。でも、旦那と息子の関係を見ていると・・・
http://www.shimizushiki.com/kagami.html
ガンコさんを動揺させてしまったらいけないと思うのだけど、いくつかの考え方も知った上で(そしてこの法則はかなりこの世界(笑)では有名らしいです)最終的にご自分の道を選んでもらえたらな~と。
実はこの法則、名前こそ違えうちの教会でも大なり小なり同じことを教わっているので。

私も、ガンコさんの気持ちを深くわかっていなかったらごめんね。
  • posted by パンプキン 
  • URL 
  • 2006.05/30 16:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

我が家もまだ肉食・・ 

マクロビ、我が家もまだまだ肉食ですよ(苦笑)。まだ玄米も始めていませんしね、まだタンパク質を減らすわけには行きませんので。野菜の食べ方だけでも、いろいろ変化させる余地があるので、まずそこから・・って感じですね・・。

「鏡の法則」、読みました。
キリスト教的に言えば、”裁くな”という戒めの話ですかね・・。この戒めの部分は福音書の御言葉にも因果応報的な警句がはっきり書かれているわけなんですけれど、わたしの場合(わたしもちょっとは考えるのですが)、将来くるりんに見捨てられたくないからという強迫観念だけで、今、両親を受け容れようという気持ちにはなかなかなれないですね・・・。
両親が本腰をいれて兄の治療に取り組み、それが功を奏するまでという期限(交換条件?)を主張しているわけなんですが、わたしが自分の信仰上の理想を追求せんがため(今両親許してしまって問題をウヤムヤにすることで)、今度は兄を見限るようなことにもなりかねず・・。難しいです。
  • posted by ガン子 
  • URL 
  • 2006.05/31 13:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

P.S. 

まだまだ、わたしには神様の人智を超えた采配を信じる心が足りないだけ・・なのかもしれませんけれどね。

せっかくのアドバイス・・期待に応えられなくてすみません。
  • posted by ガン子 
  • URL 
  • 2006.05/31 13:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。