せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マタニティ友達とランチ

35週3日

今日は、市の母親学級で同じ班だったメンバーとのランチ会でした。前回は健診とかぶってしまい参加できませんでしたが、今回はたーっぷりおしゃべりを楽しんできました。ビストロ・ランチや食後の喫茶も、今日はマクロビを忘れてたっぷり満喫してきました(とか言いつつ、やはりさほど”やはり肉は旨いのう”とか”スイーツは旨いのう”みたいに心の底からは思えなかったのは、すでにマクロビ・モードに変貌しつつあるからなのかしら?)。

いーーろんなことをおしゃべりしてきましたが、一番驚いたのは、今日会った二人とも、わたしなんかよりずっと長い年月、「子供ができない」ことに悩んでそれぞれに不妊外来に通っていたということ。二人とも市内のS町LCに通っていろいろ不満があったのだとか。一人はその後あの有名なこまえクリニックに足を運んだのだとか。H先生曰く、「多摩には良い医者がいないんだよねー」ですって(苦笑)。ホント、そのとおり。(S町LCから来る女性、多いんだそうです。)
でも、結局、わたしも含めて3人全員、タイミングで妊娠出来て、奇遇にも?同じ母親学級で出会ったのでした。奇遇というか・・実はそれだけ妊娠に苦労している女性、多いってことかなーと。やはり特に30代女性は苦労するのかなー。でもさ、好き好んで晩婚だったわけでなく、それぞれにいろんな人生を経て、30代になってやっと子作りしているわけで、そこんところあまり突っ込まれたくないし卑下もしたくない。大変かもしれないけれど、でも、できるだけストレスなくトライしていける環境が整って欲しいなぁと思います。S町LCで一番納得できなかったのは、ステップアップを勧めることばかり熱心で、卵管造影などの検査を疎かにされることだったそうです。なかなか手配してもらえなかったのだとか。院長を引き継いだ若先生はコミュニケーションもあまり上手じゃないみたいで、随分不愉快な目に遭ったそうです。多かれ少なかれ、いずこも同じ。こまえに移った彼女は、こまえで話(愚痴)をたっぷり聞いてもらって、卵管造影の手配をしてもらった矢先に自然妊娠できたのだそうです。そういうことってやっぱりあるんだなーと思いました。

それぞれにマイ・ベビーを抱いてまた集まれる日が来るのが楽しみです。どのベビーも変わりはないとはいえ、でも、やっぱり、とりわけ今日集まったメンバーみんなが無事に元気な赤ちゃんを産んで笑顔で再会できたらいいなあとしみじみ思ってしまいました。

追記:
全然関係ないけれど、昨日、下の記事二つをアップしたり、お友達ブログ、お気に入りブログなどを巡回していたら、とうとうお通じが・・! PCにべったり張り付いている時間というのは堕落の時間かと思ったりする今日この頃ですが、こういう効能があると思うと・・うーむ、なかなか切り捨てることもできないですなぁ。わたしにとっては、貴重なリラックスタイムなのやもしれません。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。