せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス抱える夫と、胃痛の妻

36週2日

昨夜帰宅したガン介さんは、何とか体調も保持していて、ご飯もちゃんと食べることができました。
一方、お粥や豆腐と野菜を煮たスープなど、病人食を食べたにもかかわらず、食後に一気に胃痛と下痢に襲われてダメダメになってしまったのが、わたし。夕方頃には胃痛も治まり「もう治るな~」と先行き明るいムードだったのに、がっかり。
今日は太極拳もお休みして養生しつつ、家事に励むことにします。

・・・わたしの体調よりも、心配なのは、ガン介さんのメンタル面です。今回胃腸を壊したことも、元はと言えば、仕事のストレス。物理的に長時間労働で大変なだけでなく、精神面にぐっとくるストレスがあるようです。具体的にコレコレの仕事がイヤとかいうわけではないのだけれど、本人も「なんでだろう?」と首を傾げつつ、出社をとても億劫がる姿があります。(本当は本人は何がイヤなのか分かっているけれど、みっともないと思って?妻には言わないだけ・・なのかもしれないですけどね。)
何となく、ウツな心理のループにはまりつつあるのではないかと心配になってしまいます。夫をウツ病にだけはさせたくないなぁ。(もちろん、胃潰瘍とかもダメだけど。)どうやって癒してあげたらいいんだろう? その手の知恵の書かれたサイトでもないかなと朝から探してみているけれど・・うーん(相変わらず検索が下手なわたし)。

妊婦な妻と、生まれてくる我が子がいることを、多分、ガン介さんは「これを励みに頑張ろう」と我が身にムチ打っていることと思うのだけど、やはりそれが何だか痛々しいような・・。プレッシャーという新たなストレスになっているだけかもしれず。「この人生から逃れることはできないんだ」という”家庭”という名の束縛感は、きっと重圧に違いない。

頭で考えてもどうしたらいいか分からないものは、やっぱり神頼み、かな。
せめてわたしはわたしで為すべきことを頑張らなくちゃ。坊やを迎える準備万端なムードが高まってくれば、ガン介さんもそれなりに楽しい気分になるかも。わたしが不安がっていたら始まらないよね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。