せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母、帰る

退院日(18日)から滞在していた実家の母が、今日、帰りました。
滞在期間中の後半は、特に母の言動から来るストレスを実感させられる日々でしたので、手伝いがなくなる不安と同時に、ストレスから解放される”やれやれ”感も多少ならずあり、気持ち複雑です。

午前中に、チヒロの黄疸の検査・診察に行ってきました。
(ベビーカーや抱っこ紐でチヒロを運ぶ姿も少しイタについてきたかしらん?)
結果、ビリルビン値が15.2に減少!
やっとこの通院から放免されることになりました。
見たところはまだ結構黄色いんですケドネ。。。でも、数値の減少に見合った程度には見た目の黄色さもすこーし取れているような気もします。
次回、病院に行くのは8/8に既に予約が入っている1ヶ月健診です。
病院での体重測定では、およそ4,230gでした(←記憶が曖昧)。
一日あたりの増加量は58g/日(←この数字ははっきり記憶)。
かなりスクスク育っているようです。

チヒロの授乳に、ミルクを補充する頻度が少し上がってきました。チヒロの要求量とわたしのオッパイの供給量との開きが少し大きくなってきたのかもしれません。まあ、とはいえ、オッパイも時間によってよく出るときと出ないときがあるのか、オッパイだけで満足してぐっすり寝付いてくれるときもあるので、微妙です。体重の増加は充分すぎるぐらいなので、そんなに腹いっぱいにしないでも寝てくれたらいいのになぁとちょっと思ったりもしますが(苦笑)、そこらへんは親のあやし方のテクニックなのでせうか??
お腹が満足しないせいで寝つきが悪いたびに、母から毎度毎度「やっぱりオッパイが足りないのかしらねえ」とぼやかれるのは、正直、キツかったです。別に変な劣等感を覚える必要はないし、自分でも重々自覚していることなのだけれど、他者が発する「オッパイが足りない」というフレーズは、何か、理屈抜きでウツにさせるものがありますデス(汗)。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。