せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「行きづまったとき」

お久しぶりの「カトリック」カテです。

いつ、どういった経緯で購入したかもよく覚えてない本なのですが、今日は、この『行きづまったとき-神との関係をそだてる』(パトリック・オサリバン著、小熊晴代訳)という本を書棚から取り出して読んでいました。

こんな文章がありました。

最も基本的なことは、信仰とはいのち(life)に「はい」と言うことです。「いのちは授かりものであり、生きることには意味がある」という真理を受け入れること、それが信仰です。(p.30)

うーーーーーん。。。。。長いこと”死にたい病”にかかっていたわたくし・・・カトリックの端くれとして、深く反省。

それから、こんな祈りの紹介がありました。

経験から私が発見したやり方ですが、いったん心配が膨れ上がり私を圧倒しそうになると、「イエスよ、ここにいてください。そしてすべてをあなたが解決してください」と祈ります。単純ですが、効果は絶大です。この祈りを言い続けると(そうすることは時には大きな戦いですが)、心配は静まり私たちの煩いが小さくなっていくのがわかります。(p.81)

この祈りでわたしの病気も解決するでしょうか。・・・ええ、きっと効果絶大でしょうとも!
少なくとも、頓服が必要なときは頓服を飲みながらでもこの祈りを唱えることにしたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

Comment

 

とても納得できますねー。
自分にとっても、神さまとの関係はそんな感じ(のつもり)です。

御旨のままになりますように、
最終的には困ったことがあったら神さまに全部お任せ、みたいな。
その後、一見自分にとっての解決に至らなくても、それが御旨なんだと思えれば、
それは実は解決した状態のはず。




…と思えるときって、十分に元気な時かもしれませんね。
疲れてると、このことを忘れがちなので:-(
  • posted by ひらい 
  • URL 
  • 2008.05/22 01:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

さすが、ひらいさん、クリスチャンだわ~☆
(おまえもそーだろ、と自分にツッコミ・・苦笑)

これからは、充分元気じゃなくても信仰に関する本とかに積極的に手を伸ばしていこうと思います。

実際、昨夜は、寝付けない時間、上の祈りを心の中で唱えている間、こないだの入院の恨み辛みを忘れることができたので(すっかりではないですが)、よっしゃ♪って感じでした。
  • posted by ガン子 
  • URL 
  • 2008.05/22 16:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。