せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『子供嫌いなかあちゃん』

子供嫌いなかあちゃん 我が子を愛せず、産後うつ病になって』

amazonで届いて、一気読みしてしまいました。

この著者の場合、救いだったのは、義理の両親が娘さんを代わりに育ててくれていること。
体験記は自己育児(なんて言葉あるのかな?)にまで回復しない時点で終わっています。
ウツのことを周囲が理解してくれない描写などは身につまされるものがありました。この本はガン介さんにもちょっと読んでもらいたいかなと思いました。ご主人がなかなか愛情あふれた方のようで・・・いえ、決してガン介さんが愛情深くないと言っているわけではないけれど・・・ごにょごにょごにょ・・・(汗)。

あと、たなかみるさんのマンガの場合もそうだけど、体験記を出版できる人っていうのは大概、良い医者にめぐり合っている(それが支えになっている?)んじゃないかと思います。この本に出てくる医者の台詞も、なかなか滅多に得られない、親身な内容になっていると感じました。
文章も、たなかみるさんと違って支離滅裂じゃないし(苦笑)、読みやすかったです。編集が丁寧にされているのかな??

********

ガン介さん、帰宅後にこの本をパラパラめくりながら、

「ガン子も、そろそろ本書くか」

だって。わたしみたいに病気も中途半端、育児放棄も中途半端、生い立ちの不幸度も中途半端、信頼できる医師に出会っていない人間には、人様に読んでもらうようなことは何も書けません、ハイ。強いて言えば『メンヘル難民なおかあしゃん』?(苦笑)
でも、病気を克服して、ふつーの元気なお母さんになれたら、そこに至る道程を綴ったら、少しまとまったものになるかもしれない・・・? 読者が知りたいのは「どうやって元気になったの?」だから。『子供嫌いなかあちゃん』は、回復期とは言え、まだまともに育児に復帰できていない状態で終わってしまっているので、ちょっと物足りない感じがしたのでした。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。