せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルルドの泉と、ルルドの聖母像について

ルルドはフランスの南境を横断するピレネー山脈のふもとに位置する小さな町で、もともとはほとんど世に知られていませんでしたが、1858年2月11日以後十数回にわたって聖母マリアの御出現があってから、いちやく天下にその名が広まるに至った場所です。その町の郊外に、マッサビエールという洞窟がありますが、これが聖母御出現の聖地です。

貧しい水車小屋に生まれたベルナデッタという13歳になる娘が、川の流れを渡ってマッサビエールの付近に行き、たきぎにする流木を拾い集めていると、突然、大風でも吹くような音が聞こえました。驚いて振り向くと、ちょうどその洞窟の中に、神々しく美しいひとりの女性が立っていました。その御姿、体には雪のように純白な衣服を着け、腰には空色の帯をしめ、手には白い珠と金色の鎖でできたロザリオを持ち、清らかな素足の下にはふたつのバラの花を踏んで、その眼はうっとりと天を仰いでおられました。ベルナデッタはその方がどのようなお方であるかはまだ知りませんでしたが、吸いつけられるようにその御姿にみとれているうちに、胸のなかでなんともいえないような喜びを覚え、知らず知らずのうちに、自分もロザリオを取り出して一緒に祈りを唱え始めると、栄唱を終る頃にはその女性の御姿は消えうせていました。やがてベルナデッタは帰宅し、その話をしましたが、両親も主任司祭もなかなか信じようとはしませんでした。

ベルナデッタはあの女性の麗しさが忘れられず、また再びマッサビエールを訪れました。すると案の定、また御出現に立ち会うことができましたが、その御姿は、不思議なことに、好奇心から彼女のあとをついて行った人々には見ることが出来ませんでした。

このような不思議な女性の御出現は2月11日から7月16日のカルメル山の聖母の祝日まで18回にもわたりました。あるいは好奇心のために、あるいは真の信仰心からか、ベルナデッタについて洞窟に足を運ぶ人々の数は次第に増えて、しばしば数百人にまで達することもありました。

3月25日、聖母マリア御告の祝日のことでした。16回目の御出現に立ち会ったベルナデッタが、「あなたはどなたですか?」と尋ねると、その女性は天を仰ぎながら「私は原罪なくして宿った者です」とご自分の事を明らかにお答えになりました。この時から、聖母は御出現の目的について、ベルナデッタに「ここに聖堂を建てて、多くの人々がこの場所に集まることを私が望んでいますと司祭に告げなさい」とおっしゃり、また「罪人の改心のために祈ってください!」とも命ぜられました。さらにベルナデッタ個人に対しても「私は必ずあなたを幸せにしてあげます。しかしそれはこの世においてではなく、あの世においてです」と有り難い御約束をいただいたという事です。

2月25日、9回目の御出現には「泉の水を飲み、顔を洗いなさい」と命ぜられましたが、ベルナデッタにはその泉らしいものが見当たらなかったので、聖母から指差されたところの土を少し手で掘り起こしてみると、どういうことか水が湧き出してきました。これが後に数多くの病人を奇跡的に治し、一日に12万2400リットルの水を出すようになったというルルドの泉です。

その泉の水による難病からの回復の奇跡は実に驚くべきもので、いままでその聖水を飲みあるいは体に浴びて、医者の見離した病人が全快した例はどれほどあるかわからない程ですが、1861年までの三年間だけでもすでに100件の報告があり、医師会の厳密な調査によってもそのうちの15件は、すくなくとも人知を越えた奇跡であると認められました。

このような奇跡が世間に知れ渡るにつれて、ルルドに巡礼する人の数は日に日に多くなってきました。フランス国内はおろか海外からも、あるいは個人であるいは団体でこの聖地を訪れ、この洞窟の前に跪いて聖母に御取り次ぎを願い、霊肉に大きな恵みを受けた人々は数知れず、またその聖水の力によって難病から回復した者も数え切れないほどです。

リヨンの彫刻家であるファビッシュはベルナデッタに御出現した聖マリアの御様子を彼女から詳しく聞きカララの大理石でその気高い御姿をきざみ、マッサビエールの洞窟内の御出現の場所に設置して、1864年4月4日にその祝別式が挙げられました。今現在も有名な、ルルドの聖母像がこれです。

ルルドにおける病者の全快は、そのすべてが奇跡であるということではないと考えられますが、ルルド医局調査委員の調べたところによると、最初の55年間だけでも奇跡と認定することができるものが4445件にもおよんでいます。またルルドに巡礼する病人がかならず治るというわけでもありませんが、いずれも大きな慰めを得てよく病苦に耐えることができるようになると一般には認められています。

(他サイトの参考資料を基に、独自に編集しました。)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。