せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクシィの日記からの転載

(以下、内容、重複しますが、一応、記録です)

生き方の流儀っていうのは、人それぞれなんだろうと思う。
罪悪感の線引きも。

保育園にインフルのことをチクったのは、わたしです。
正直に言うと。
ミクシィの日記に書いてあることが、他言無用だってこととは理解できなかった。秘密結社じゃなるまいし。

チヒロが水疱瘡に罹ったときに、「ウチの子はもう水疱瘡やったから」ということで、お昼ご飯を作って助けに来てくれた人だった。
でも、だからということで、彼女の子供のインフル感染のことを保育園に秘密にしておいてあげなきゃいけないってこととは理解できない。

インフルエンザは、乳幼児の場合、下手したら死にます。
脳に障害が残る場合もあります。
チヒロが赤ちゃんのときインフルに感染したときは、迷わずタミフルを処方してもらった。まだハイハイもできなかったから、というのもあるけれど。

チヒロが通っている保育園は、よその保育園や幼稚園と比べたら、インフル発生率が格段に低いということは分かっていたし、それを喜んでいた。
年長さんのクラスの方から徐々にインフル発生してきたときは、年長さんの年少さんクラスへの訪問は中止になった。妥当・賢明な措置だと思った。安心できた。

でも、彼女の子は、登園して、そのまま年長さんのクラス訪問をしていた。クラス日誌にそのことが書かれてあった。クラス担任が彼女を信じていたのだろうから、そのことは仕方がないのだと思う。
主人にこのことを話したら、「パンデミックだ」と笑っていたけど、わたしにとっては笑い事じゃなかった。チヒロを迎えに行ったとき、クラスの担当の保育士にミクシィの情報を伝えた。

「え、○○○ちゃんはインフルエンザじゃないって聞いてます」

と言われた。
その後も彼女の子は保育園の通園を続けていた。

昨日、彼女に電話をした。
彼女は絶句して、しばらくして

「え・・?・・・言っちゃったんだ・・・ちょっとショック・・」

と言った。
わたしは、ゴメンね、ゴメンねと謝った。その場では。頭が真っ白になってしまったから。
保育園から何か言われていないかと尋ねたら、何も言われてないとのことだった。そのことについて、彼女は

「黙っててくれたんだと思う」

とコメントしていた。

誰が、何の為に・・・???

わたしには、理解できない。

どうして保育園(保育士)は、インフル感染のリスクより、彼女の勤務の方を優先してあげなきゃいけなかったんだ? 玄関の掲示板には、

  インフルエンザに罹った場合は、
  発熱が治まっても、発症から最低5日間は
  自宅静養をお願いします

ときちんと書かれているのに。彼女の子の場合、何日目だったんだ?・・・細かいことは知らない。追求したいとも思わない。

ただ、保育園への不信感。
彼女と議論してもラチはあかないと感じている。

働くママの気持ち、わかる?

って言われても、こちらはこう言うよ。

鬱ってしまって、目の前にいる我が子の育児ができない母の気持ち、わかる?

バリバリ人格障害だった年子の兄が、ワンルームのアパートで一人、農薬飲んで死んで、翌日になるまで一人ぼっちの屍だったっていう気持ちって、わかる?

その屍は、わたしは見れなかったけれど、父から聞いた。全身、緑色のマダラに染まって、うずくまるように横たわっていたって。

パラコートは案外に甘くて飲みやすいらしいってしゃべってた父の寂しい笑顔。

今になって、兄がわたしの夢に出てくるようになった。鬱の回復との引き換えなのかもしれない。

兄も登場して、おまけにチヒロが人格障害だと診断されて、ショックを受けて人事不肖に陥って強制入院させられる夢を見て起きたときは、慌てて主治医に電話をかけた。非番だったから、仕方なく、たっちの相談員さん(鬱が最高潮だったときたっぷりお世話になった)に電話をかけた。心を強く持って、プライドを持って、立ち上がった。チヒロを迎えに行った。本物のチヒロの顔を見れば元気が出ると信じてるから。

本当はね、チヒロのこと、インフルや、新型鳥インフルエンザでなんかでたやすく死なせやしないって、自信もってるよ、わたしは。
それよりもっと、チヒロに、わたしの息子に、自殺されることを恐れているんだよ、わたしは。

あなたには、そういう母親の気持ちがわかるのか?って聞きたいのよ。

てゆーか、鼻からわかってもらおうとは思ってないから、要するに、わたしはあなただけでなく、どのママ友のことも頼りにしてないよ。頼りにされてるように思ってるママ友もいるかもしれないけど、基本、頼りになるのは、自分を見つめてくれているイエズス様だけだと思ってる。
好きなママ友は何人かいる。そのことだけは書いておきたい。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。