せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園長先生とトーク

月曜日、チヒロが通っている保育園の園長先生と電話で話す機会がありました。たまたまその日の登園前(起床後)に、何となく母親の直感で、ひょっとしたら具合悪くする前兆があるかも?と気になっていたので、今チヒロどんな感じですか?と電話で問い合わせ、その折り返しの電話で、園の看護師からの回答があったあと、「園長がちょっとお電話替わって、お話させていただきたいと申しておりますので・・・」ということで電話を替わってもらいました。

園では、クラス発表の場で、チヒロが名前を読んでもらえなかったことにショックを受けて、わたしが保育園辞めます!みたいにクラス担当の平?保育士に伝えたのかと誤解していたらしかったのですが、「いえ、それはむしろ気にしていません。わたしがショックだったのは、チヒロとわたしの自殺した兄とが重なって見えたことでしたし、あと、同じクラスの○○ちゃんのインフルエンザ陽性のことを○○ちゃんのママが隠してたことを知ってしまったことと、その陽性のことをひとりの保育士さんを伝えたけれど、園としてそれをどう対処したのか、どう考えたのかが分からなくなってしまって、一時的に、園のことを信頼できない状態になってしまっていたから・・・」(文章、要約してマス)・・・ということをお伝えしました。

この電話でのトークがあった日よりも前(前日の日曜日だったかな?)に、市の子ども家庭支援センターの相談員さんに電話で相談したときには、「おそらく、園としては、同じクラスの他の父兄から通報があったとしても、そうして得た情報を園が当事者の父兄に伝えたら、父兄の間でトラブルになりかねないから、それを防ぐために黙っていたのかもしれないと想像できます」と言われていました。だから、それで、ああ、なるほどって思って、ある程度納得はしていたのですが・・・。

でも、園長先生は、○○ちゃんのインフルエンザ陽性の情報が自分の耳にまで伝わっていなかったことにびっくりしていて、かつ、慌てていた様子だったし、それから、「どういうことになっているのか、園内で確認取って話し合って、またご報告させていただきます」と言われました。それから、「うちの園としては、間違っても、父兄をかばって、インフルエンザ陽性の園児を預かったりして「あげる」ようなことは一切ありませんので」ということも言われました。

もう、あとは、保育園の判断と対処に100パーセント委ねるつもりです。

一応、園長先生の方から、もう一回詳しい事情をお聞きしたいとかいうことで、園長先生との面談の段取りを付けることになりました。今、進入園児との面談の時期で、園は忙しいとのことなので、日々交わしている「れんらくちょう」のやりとりを経て、面談は、3月4日の午後、という予定になっています。

※新しいカテ、作りました・・・(苦笑)。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。