せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この頃のチヒロくん

このブログ、すごくブランクが出来てしまったので、ちょっとまとめて近況を書いてみたいと思います。

身長、103センチぐらい
体重、17キロぐらい
記憶が大雑把・・・(苦笑)。
今年も1歳児クラスから通い続けている保育園を進級して、保育園通いをしています。遅寝早起きの過酷な毎日なので(園で昼食後に午睡をしてはいますが)、最近、もっぱら水曜日はお休みデーにしています。お休みの日は放っておくと正午頃まで寝ています。育児雑誌なんか読んでたら、こんな生活リズムではマズイ・・・と、きっと自己嫌悪に陥っちゃいそうですけど、幸か不幸か読んでいないので、ま、いっかって感じです。
今年度からは、ぜひ幼稚園に・・・と、以前は思っていましたが、入れたいと思っていた幼稚園も、今は全然興味がなくなってしまったし、他の幼稚園も特に興味を引かれるところもないので、無理して保育園をやめようということには全然ならず、むしろ、わたしの状態を見て、ふつーにガン介さんが継続書類の準備をしていました。
そんなこんなで、今年も保育園児なのですが、今年度から、自分で荷物をリュックに入れてしょっていくようになりました。最初の頃は、リュックをしょわせてもすぐに下ろしたがっていたのですが、最近は慣れたようです。自分で自分の荷物を持っている姿は、なかなか頼もしいです。

通っている保育園は、カナや数字の教育などは一切行わないポリシーの園なのですが、最近のチヒロは、文字への興味が急激に増しているようです。お風呂には、もう随分前から、五十音やABCのシートが貼ってあるのですが、覚える気になったのは最近です。それまではシートをおもちゃにして湯船でザブザブ泳がせたり、親に文字を読ませたりするばっかりでした。。読めるようになったひらがなは、まずは、やはり、
「ち」「ひ」「ろ」
の三つでしたが、今はシンプルな文字を中心にかなり覚えました。
「い」「く」「こ」「し」「つ」「て」「に」「ね」「の」「ふ」「へ」「ま」「ら」「り」「る」「わ」「ん」
あたりでしょうか。
表に文字、裏にその文字から始まる言葉の絵が描かれた木製の積み木を、義母が、これもまた随分以前に買ってくれていたのですが、最近やっとこれで遊べるようになってきました。文字が読めないと、ちらっと裏の絵を見て読むのですが、「ほ」の裏の絵を見て「ご!」と言うのは、「本」は「ごほん」だと思っているからのようです(笑)。
点々をつけると何と読むのかということにも、とても興味があるようで、「の、にテンテンをつけたらなんてよむ??」とか次々と聞かれます。
文字を覚えてくれると、絵本を読んでいるときにも、ときどき自分で読める言葉が見つかったりして、本人も嬉しそうですが、これからだんだんごまかしがきかなくなってくるなぁ、とも思います。たとえば、お菓子の袋の裏側の適当な文章を指差して「ほら、”お菓子はおやつの時間に食べましょう”って、ここに書いてあるよ」とか、嘘がつけなくなってしまいます。

オムツが外れたのは、今年の1月ごろだったと思います。一日の大半を保育園で過ごしているので、オムツ外しも保育園にお任せ・・・という感じなのですが、2歳児クラスに進級する前後から、午前中だけパンツにして、ずーーーーっとそのまま進歩がない?ようでした。それが、いきなり「来週から一日パンツで過ごすようにします」と連絡を受けたのは、単に3歳6ヶ月というラインを越えたからなのかな?と思われました。「親御さんのご希望の時期に外しますよ」と言う保育士さんもいたのですが、何につけても子どもに”教える””押し付ける”ということをしない園としては、実際にはそんなサービスは行わないようでした。でも、我が家の場合は、むしろ、親の方がのんびりしすぎていて、本人の意志に任せっぱなしでいたのが、園の方で「いいかげん、そろそろ・・・」という気持ちになったのかと思われます(苦笑)。
今は、夜間のおねしょという失敗は、ほとんどないですが、日中、遊びなどに夢中になりすぎてその場で池をこしらえてしまったり、トイレで間に合わず、ズボンに手をかけた状態で決壊・・・という失敗は、ちょこちょこあります。あまりに平然とした顔で連続失敗している様子を見ると、叱らないようにしているのが実はやっぱり仇となっているのでは・・・?と疑問に思うこともあり、小声で「おかあさん怒らないけど、でも、怒らないからといって、いつでもどこでもしていいわけではないんだよ?」と言い聞かせたりしています。

長くなったので、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こちらでは久しぶりです。^^
チヒロくんの保育園も早期教育とか行わない主義のところなんですね。うちもそうだったんですけど、文字の興味はやはり出てくる子がいて、もはや隠しきれませんね^^;

チヒロくんはガン子さんとガン介さんのお子さんだから、先が楽しみだわ。

ところで私も引きこもりの過去があるのでお気持ちわかりますわん(学生時代)。
その笑い話のような話ですが、よくあることですよ。
というか、引きこもりから出始めたばかりの頃って、なんというか一般の感覚がよくつかめなくて(笑)ますます失敗しがちって面があると思います。

いったん引きこもると大変なことは、人付き合いに慣れなくなる→感覚がずれてしまってちょっと失敗する→ますます出ていきにくくなる・・・という感じのスパイラルでだんだん社会に出ていく敷居が高くなっちゃうことでしょうか。
慣れてないだけ、とかもあると思うんですが・・・。
子どもでも、少し休んだ後敷居が高くなっちゃって元に戻れない、みたいな面があるみたいですしね。
(うちの長女もおたふくで休んだ後保育園不登校になったし、知人の娘さんもやっぱり風邪か何かで休んだあと不登校になって現在に到ってます)

まあ、しっくりくる場とこない場とかもあると思うので、無理して合わせることもないし、しっくりくる場がひとつ見つかれば、そこから広がっていくこともありますしね。
私もガン子さんと似たタイプなのでわかるんですが、もはやおばはんになってしまったのでそういう悩みは少なくなったなあ。
  • posted by パンプキン 
  • URL 
  • 2010.05/18 16:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

パンプキンさま 

コメントありがとうございます。

文字への興味は・・・親の血の影響があるとすれば、活字中毒気味の父親似なんでしょうか・・(苦笑)。お風呂のシートを貼っていたとは言え、脈がないからと思って放置しておいたのですが、ガン介さんが「文字が読めるようになれば世界が広がるから・・」とか何とか言って突然熱心に教え始めたんですよね。また無茶なことやってるよ・・と思って見ていたら、意外とチヒロの方が食いついて来て・・・といった経緯でした。今では、もう誰も彼を止めることは出来ません(苦笑)。

パンプキンさんも引きこもり経験がおありになるんですね。そういえば、以前、伺ったことがあったような、なかったような・・・。
人付き合い・・・確かに慣れっていうのはありますね。ここは一歩引いてとか、ここは一言フォロー(よいしょ!?)とか。リズムというか、ダンスのステップみたいな感覚かもしれません。
過去にはおおむね上手くやれてた時期もあったように思うのですが(今ではそれが不思議ですらある!)、引きこもっているうちに、すっかり忘れました、ホントに(苦笑)。
”おばはん”というのは、一種の進化形ですよね。人の目とか、社会規範とかを気にしすぎてて、くよくよしぃな自分が、わたしはつくづく嫌なのですが、そこから上手に脱却できた姿が”おばはん”なのではないかと。森の中に隠遁するのが現実的に無理である以上、やはり今後の生き残り策は”おばはん”のような気がします(けっこうマジで)。
  • posted by ガン子 
  • URL 
  • 2010.05/19 09:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。