せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチョンマット、リベンジ!!!

・・・・思わず、タイトルに気合が入りました。

実は、こないだ(6月29日)追加のランチョンマットを縫ったら小さすぎたんじゃないか、云々の話の後日談。
あの日、どうにも気にかかって、お迎えのときに保育士さんに相談してみたのです。ひとり目の保育士さんは、使ってみて様子を見たらいかがですか?(クラス担当保育士から何か言われるまで待ってみたら?という意味)と言っていたのだけれど、本当にそれでいいのか気になって(←しつこい)、ベテランのY保育士さんに再度相談してみたら、な、なんと!

25×25cm

という規定があるのだという。
多分、去年はじめてお達しがあったときは、その情報が出たのだろうけれど、何せ、その”最初”を聞き逃した我が家は運がなかった。規定があるにも関わらず、それを把握している保育士さんが少ないのはこれ如何に!? あれこれと説明をつけて「これくらい」という目分量で教えてくれたいつかの保育士さん、誰ですかーー!?

まぁ、それはいい。
悪いのは、正式な連絡をきちんとキャッチしなかったウチなんだから。
それより・・・

25センチですって~??(号泣)

わたしが最初に作った22×24cmすら、ちょっと小さかったのだ。
20×22cmは、論外・・・。一辺が5センチ(20%)も足りない。

作り直し決定・・・となりました。
ロボット柄と動物柄の生地の残りは、50センチの端切れだったので、縫い代が取れず、使えない・・・ということで、ふりだし(布の買出し)に戻る。
そうなりゃこの際!と思い、翌日(水曜日)、チヒロと一緒にユザワヤまで出掛けることにしました。

チヒロのためにソーイングやら編み物やら、ちょこちょこやってきたけれど、チヒロ本人を連れて手芸屋に赴き、材料を選ばせるのは、これが初めて。生地選びにあれこれ悩む間、チヒロが粗相をせずに過ごせるのか、多少気になったけれど、いざ出掛けてみたら、まぁ、通路を勝手にウロウロしたりはしたものの、商品をベタベタ触るとかひっくり返すとかいうこともなく、無事でした。平日で他のお客さんがあまりいなかったのも助かりました。お店に到着してすぐトイレを済ませたのは、言うまでもなく。

結局、わたしが選んで、チヒロの同意を得るという形で、純然たるチヒロのチョイスというわけではなかったけれど、色違いの中から自分でブルーを選びました。(先日、お箸を買いに行ったときピンクのお箸を選んでガンとして譲らなかったので、ピンクの生地を見せたときはドキドキしたけれど、回避してくれました・・・苦笑。)

ユザワヤを終えて、本屋も寄って、オムレツ屋さんでお昼にしました。チヒロと二人だけで手をつないで街へ繰り出すのは久しぶりだったので、わたしもウキウキ、チヒロもハッスルしていました。
オムレツ屋さんでは、お子様ランチのオムレツが結構ボリュームある感じでしたが、平らげました。遅いランチだったので、となりのテーブルでは、パフェだけ食べているお客さんがいたのですが、チヒロはそれを目ざとく察知して、「ごはんをたべないで、さきにデザートをたべたらいけないんだよねぇ?」と大声でコメント。焦りました(汗)。

で、リベンジのランチョンマットは、下のようになりました。
かろうじて、食べ物であるキノコ柄ということで、ちょっとランチョンマットらしくなりましたが、ぱっと見キノコなのかどうか分からないし、考えてみたら、チヒロはキノコ類を食べないんでした・・・。前の記事に書いた仮性好き嫌いではなく、チヒロは本当に(常に)キノコ類が嫌い。まぁ、そうでなくても、このキノコは食べたくなるようなキノコじゃないけど(毒キノコっぽい?)。

100702.jpg

生地を買ったその日に地直しをし、翌木曜日に縫ったのですが、この日はとても蒸し暑い天気で、もうソーイングの質がどうとかいうことで悩む余裕がなく、とにかく仕上げるということに向かって取り組んでいた感じになりました。
どんなに丁寧に作ったつもりでも、わたしのソーイングの腕では、結局はどこかゆがんだりよれたり・・・ぴしーっとは仕上がらないし、仕上がったところで、使い始めてしまえばヘビーローテーションでがんがん洗ってすぐヨレヨレになってしまうわけだし(もちろん、いちいちアイロンなぞかけない)。・・・って感じの諦念がにじみ出た仕上がりになったような気がします。

ガンガン洗っているうちにきっとまた縮むだろうと思い、25.5cm角で作りました。
サイズが合っているということだけで、気分は晴れ晴れ、でした。

ちなみに、お蔵入り!?と思われた、前回作のランチョンマットは、いずれハンカチに使ってもらうことにしました。しばしの間、引き出しの中で眠ります。存在を忘れないように、気をつけよう。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。