せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日会用の晴れ着(おでかけパンツ編)

で。

ここのところ、毎日毎日、蒸し蒸し蒸し蒸ししますなーーー。
そんな中、日曜日から、「おでかけパンツ」に着手。
そういえば、4年前は、臨月のお腹に汗をかきながら、やっぱりミシンに向かっていましたなー。あの頃は、足のむくみに悩まされていたけれど、今は、肩こり・腰痛です(泣)。しかし、一度着手すると、肉体の苦痛に耐え、とにかく進み続けてしまうんですなー。高温期でハイになっているのもあるんだろうけど。

チヒロが家にいる状態でソーイングするという冒険は、今回、初チャレンジ。
針山に対する興味も、ミシンに対する興味も、「危ないから触らないでね」と言うと、あっさり引っ込み、とりあえず安心しました。アイロンだけは、二回目にアプローチされたときに、ちょっと大声で叱り飛ばしてしまいました(汗)。出来上がった型紙をぐちゃっと踏まれたときには、じんわりと悲しくなりましたが、柔らかいところにのっけておいたわたしが悪かった・・・。

100705_1.jpg

もう、出来上がって、燃え尽きてしまい、撮影に凝る気力残らず。
アイロン台の上で撮ってしまいました。もちろん、まだ洗濯してないし、アイロンもかけていません。

↑これが、例の女子高生マフラー柄ですわ(苦笑)。
さっき、ネットで検索してみたら、”キャメルトンプソン”という名前のタータンチェックらしいです。そうか、やはり定番のチェックには名前があるのねー。調べながら、他のタータンチェックも見ていたら、”ブキャナン”という柄も、わたしの好みだなーと感じました。これは、濃い色調ながらも結構ビビット。でも、もし、生地屋さんにこの柄の生地があったら、今回、これを選んでしまっていたかも(キャメルトンプソンはガン介さんからケチがついたし)。”ブラックウォッチ”なる青緑系のタータンチェックもおなじみだし、生地屋の棚にあったけれど、これはさすがに、まんま「制服か?」という感じだったし・・・。赤系のタータンチェックは、AKB48風だしねぇ。・・・って、わたしも結構、偏見が強いみたい?

ま、それはさておき、
チェックを選んだ者の掟・・・”柄合わせ”には、しっかり苦労させられました。
2枚にたたんだ生地に型紙を置いて2枚いっぺんに裁断なんかしたって、絶対同じ柄では取れないことが分かりきっているから、わたし流奥の手を編み出してみました。まず、型紙を置いて、1枚だけ裁断します。そのあと、その裁断した生地を新たに生地に乗せて(もちろん中表)、それを型紙のごとく利用して裁断するのです。と言っても、そうしたってそう簡単に柄が合うわけではなく、柄が合うように、生地を縦横斜めにぐにゅぐにゅ引っ張ったりトントン叩いたりして強引に合わせてマチ針を打ってしまって、またトントン叩いて・・・(苦笑)、そして裁断。もー、「わたし、要するに地直しが下手なの??」と何度も思いましたが、そうして強引に裁った布は、実は左右で微妙に大きさが違うのかもしれませんが、柄はちゃんと対称になるので、苦労した甲斐があるというものです。柄が同一なら、本来は同じ大きさのはずだから、着ながら何度か洗っているうちに整うのではないかと期待してみたり。

100705_2.jpg

↑苦労の結晶。ズボンの部分、なんとか前中心が赤い線で合いました。
横ラインもなんとかズレずに縫えて、ほっ。
もちろん、裁断した布の柄が合っていても、縫い合わせたらズレるという悲劇は起こりがち。これも、どんなに丁寧にマチ針を打っても、しつけ糸で縫っても、ミシンの布送りと布押さえの圧迫の関係というか・・・とにかくちょっとしたはずみで、ちょこっとズレて涙を飲みます。もう2ミリぐらいまでのズレは諦めることにしました。遠目には分からないし。今回も、柄がズレたからと言って解いて縫い直すということはしませんでした。

ズボン部分と前立ての柄も合うように考えて生地を裁断しましたが、ヨークの部分は、ズボンとの関係ではどのみち縦ラインが合わなくなるので、適当にやりました。横ライン(前立てとの関係)がちょっとだけズレるという中途半端さがちょっと残念な出来栄え。

前の小さなポケットも、いい加減、柄合わせに疲れたし、実用というよりアクセントのポッケだからと思い、バイアスにしました。一度、裁断をやり直したりもしたのですが、結局、柄の配置がイマイチのような気がします。変にアシンメトリーとか考えずに、ど真ん中にクロスを置いてしまった方が良かったかもしれません。
縫いつけは、思いのほか上手に出来たように思います。口がブカブカしたりしてないし。
妊娠中にベビー服を縫ったとき、ウソみたいにちっちゃいポケットを縫った記憶がありますが(これですな)、今回のポッケは、それと比べたら多少大きいけれど、まだまだちっちゃくて可愛らしいなと思います。ポッケだけ縫い付けたときに、チヒロに「ほらほら、小さいポッケ~」と見せたら、ぐいぐいと指を突っ込まれたので、急いで回収しました(汗)。着せたらどうなってしまうか、怖い・・・。

前立てに付けた飾りボタンは、指定のサイズで、色だけ、柄に合わせてこげ茶を買っておいたのですが、いざ置いてみると、柄の濃い黒い部分になっちゃって、これは、ベージュ色のボタンの方が良かったかな?としばし悩みました。まー、面倒臭いし、こげ茶でもシックでいいかなと思い、そのまま縫い付けました。ちなみにこの前立ての内側部分には、名前のフロッキーアイロンをつけてあります。

100705_3.jpg

バックスタイルは、こんなポケットが両方のお尻についています。
(何を挿しているんだか・・・苦笑。裁縫用のものさしです。)
ちょっと急ぎのお仕立てだし、省いちゃおうかなぁとも思いましたが、チャレンジ精神でトライしてみました。ふーん、こういう仕組みなのかぁと、勉強になりました。でも、平たく置くと口がぴったり合うのに、立体的になると内側の生地がもたついてしまうのです。物理的には当たり前かと思うのですが、悩ましいです。着せてみたらどうなるのかなぁ。この手のポケットは中が覗いてしまうとちょっと変かも。あまり酷かったら、ボタンでふさいじゃおうかな。どうせ何も入れないし(入れさせません)。

今回の仕上がりの反省点は、やっぱり、ステッチを縫うときに、ガイドつきの布押さえをつけて縫えばよかったかなーという点。これはランチョンマットを縫うときもちらっと思ったし、今回もミシンの付属品ケースを傍らにおいておいたのにもかかわらず、使わなかった・・・。やっぱり手抜きはいけませんな。ヨークとズボンの縫い合わせ目のところのステッチが惨敗(涙)。次、シャツを縫うときは、使います!

型紙を作るときに、今回初めて(!?)縫い代をつけて型紙を作ったわたしです。いままで出来上がり線で型紙を作っていたのです。パーツとパーツを縫い合わせるときに、出来上がり線の上を縫わないと怖いという心理があり、もちろん、出来上がり線は両面チャコペーパーなんかでつければ済む話なのですが、個人的にチャコペーパーが苦手で(ラインもベタベタするし)、チャコペンを愛用しているので、チャコペンで出来上がり線を生地に描くには出来上がり線で切れている型紙に沿って描くしかないと思っていたからなのです。でも、今回初めて、生地に出来上がり線を描かず、縫い代から何センチという目安で縫うということにチャレンジしてみたのです。ムキミシンにはもちろんガイドがついているし、マスターすれば手間も省ける!と一念発起。
・・・案外とできるものですね。しかも今回は柄合わせもあったのに、びっくりしました。出来上がり線を描いていないと、縫い目が線からズレたという心理的ダメージもないので良いです。

出来上がり線と言えば、本のアドバイスに従い、お尻のポッケの出来上がり線は、「切りじつけ」なる方法をやってみたのですが、これはストレス増加のもとでした。考えてみれば当たり前のことだけど、しつけ糸の上をミシンで縫ったら、しつけ糸を抜くときえらいことになります。むしろ、縫い目が外れたときの方がすっと抜けて楽という、ありがたくない矛盾。
合い印をしつけ糸でつけておくのは良かったです。チャコペンは、この湿気の中だと特に、うかうかしていると消えてしまうので、消える恐れがないのはやっぱりしつけ糸だなーと思いました。ノッチは、わたし的にはNGかな。これも、布端がほつれていくうちに消えてしまいます。

ズボンだし、サイズも子供サイズだし・・・筒縫いするには、テーブルの一部をがばっと外してしまえば楽だったのに、ミシンがそんな風になっているということを忘れていたのには、やはり呆れました(自分に)。途中から外して縫いました。
加えて、その外したテーブルの中にフットコントローラーが収納してあることに気がつき、「そういえば、フットコントローラーもあったんだっけ!」と驚くわたし。なぜ勝手に手元ボタンのスタート/ストップしかないと諦めていたのか理解に苦しみます。
まぁ、”早めに”?気付いてよかったと思うべきかな。

そんなこんなで、よもやま話満載のソーイングでしたが、とにもかくにも、今夜、試着です!
前立ては、接着芯が堅すぎるのか(薄手なんだけど)、ちょっと・・・防弾チョッキかと思うような鉄板状態に。履き心地に影響しないか気になります。チヒロはお腹がちょっとキューピーちゃんだから、シルエットも少し気になります(苦笑)。

とにもかくにも、チヒロがこんなおしゃれな(と思っているのはわたしだけか?)パンツを履くというのは初めてのような気がします。疲れたけど、なんか嬉しいなー。シャツも頑張るぞー!
スポンサーサイト

Comment

素敵だ~ 

すごい!手作りの服なんて、うちでは考えられないよ…
我が家のミシンは1年に1回保育園にもっていく雑巾しか縫われたことがない。
絵本バックもパジャマ入れの巾着さえ買っちゃったよ。
巾着なんか、直線オンリーだし、簡単なのは解ってるんだけど、あの頃は布を選んだりしに行く気力がなかったわ…(遠い目)

お誕生日会、楽しみやね!
うちは保護者参加はできないけど、お誕生日会のDVDをコピーしてくれるよ。
みんな、それぞれ歌を披露したりするんだけど、マサキは間奏まで口で歌ってました(笑)
  • posted by もん 
  • URL 
  • 2010.07/05 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとう! 

もんちゃん、コメントありがとう!!
素敵?素敵? 服が? それとも手作りが??(笑)
テンション乗らないときはあるよね~。
というか、わたしはリハビリで活動しているようなものだから、ワーキングママさんたちと比べたら恵まれた立場だよね。フルタイムで働いていたら、まとまった時間取れないし、やっぱりなかなか難しいと思うわ~。

DVD焼いてくれるのいいね!
うちもそゆサービスがあったら、去年や一昨年の様子も見れたのに・・・(泣)。
保育園なんだから、基本、親御さんの参加はむずかしいわけだし。働いている人が休みをとるのも、誕生日当日ならともかく、誕生日会の日だからって休むのはね・・・あ、でもガン介さんは親ばかだから、お誕生日会の日も有給取るのかなぁ? 家族の誕生日は、メモリアル休暇ということで堂々と休めるらしいんだけど。
マサキくん、ナイス! 芸達者でいいよ~(笑)。
  • posted by ガン子 
  • URL 
  • 2010.07/06 10:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。