せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活リズムの話

15週4日

ガン介さんの仕事が相変わらず忙しい。
昨日も終電コースで、深夜1時前後に二人でお夕飯を食べた。この、晩御飯を旦那さんが帰ってくるまで待つ生活というのは、結婚してからこっちずっと続けていて、他人に話す度にみなさんに驚かれるのだけど、赤ん坊が生まれてきたら流石にそういうわけにはいかなくなるのだろうなぁと思っている。
いや、それでも乳飲み子で夜中もせっせと乳をあげなきゃいけない時期は、まだ夕飯を何時にでも設定できるのかもしれない。赤ん坊がちゃんと夜寝るようになって、朝、わたしが赤ちゃんと共に起き、お相手してあげなければいけなくなったら、その時こそ、夫婦の生活リズムはイヤでもずれるようになるのだろうなぁ。

今、わたしが食事を待っている話を聞く人は「よく待ってられるね~」とほとんど必ず言うのだけど、わたしとしては、毎晩、お夕飯を一人で食べなければいけない方がもっと悲しい。わたし自身がお勤めしていない今だから言えることではあるけれど、どんなに遅くなってもいいから、夫婦二人向かい合って一緒にご飯を食べたい。それがなかったら、平日夫婦で”一緒に過ごす”時間というのがほとんど無くなってしまうし、何より、理屈抜きで、楽しくないし寂しい。お料理の味が悪かったときにその場でアレコレ言い訳を言ったり謝ったりできないのも辛い(苦笑)。
本当は、赤ちゃんがお腹の中にいるうちから昼夜ちゃんとした生活リズムに切り替えていかなければいけないのじゃないかと思ったりもするのだけど・・・赤ちゃんの方の体内時計は生まれてからどうにでもなるだろう、それよりあともう少ししか味わえない夫婦二人だけの深夜の時間をちゃんと大事にしたいと思ってしまう。

ところで、赤ちゃんが居れば、夫と一緒に食事出来なくなっても、お風呂に一緒に入れなくなっても、「おやすみ」を言えなくなっても、我慢できるのかしらん・・・? 赤ちゃんがちゃんと人間らしい”子供”にまで成長して意思の疎通がはっきり図れるようになるまでは、案外と寂しい期間になるやもしれんなぁ。赤毛のアンみたいに想像力が豊かじゃないので、無言の赤ちゃんや判読不能な赤ちゃん語しか話せない赤ちゃん相手に”一緒に生活している”気分を味わえるのかどうか、やや不安(苦笑)。
夫婦でメール文通でもすることにしましょうかねえ?(笑)

てな感じの家庭事情なので、平日の育児はほとんど全部自分ひとりでやる!覚悟を既に固めています。ガン介さんは「たまに早く帰れた日ぐらいオレにもお世話させてくれ~」と言っていますが(笑)。
現在育児中の知り合いで、やはり旦那さんの仕事が深夜までの人がいるので、その辺の状況を尋ねてみたら、結婚7年にしてAIHでようやく授かったということもあり、「わたしの育児の楽しみを旦那に譲りたくない」という気持ちがあって、平日は勿論のこと、土日もついつい自分でお世話してしまうのだそうです。あっぱれ!恐れ入ってしまいました。その話を聞いて以来、わたしもその気になればやってやれないことはないのではないかと気を強く持つことに決めました。
ちなみにそのあっぱれママさんは、土日に旦那さんから「オレが見てるからどこか行きたいところに遊びに行ってきたら?」と言われても、「一緒にいたいからいいよ」と辞退するのだそうです。これはわたしも今からでも共感できる気がします。何が悲しくって一人で遊びに行かねばならぬのか?と。「オレもちゃんとフォローするから3人で一緒にどこか遊びに行こう」と言って欲しいところですね。この辺のところは、わたしが根っから寂しん坊に出来ているからかもしれません。里帰り出産したくないのもそのせいだし。

さて、体調の方は、昨日、大人しく家で過ごしたので(結構家事もこなせたので満足☆)、昨夜から今朝にかけての咳込みもやや治まったっぽい。痰もひどくないし、鼻水の色も悪くない。よしよし、この調子で完治を目指そう!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。