せーの、せーで

マタニティ&育児ライフ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児に関する勝手な投書

少し前の新聞の投書欄に、年配の男性からの投書があった。最近の母親は子供ときちんと向き合っていないように見える、とかなんとかいうような趣旨の内容だ。あるとき、ひとりの男の子が公園の丘の上へ駆け上り、その頂上から「やっほー!」と手を振っていたらしい。それを見た投書者のおじいさんは、その男の子に「やっほー!」と元気に返答してやった。男の子がなおも「やっほー!おかーさーん!」と母親に手を振ったところ、母親は「早くしなさい、行くわよ」とかなんとか言って相手をしてやらなかった、というのだ。おじいさん曰く、最近こんな風景をよく目にする、今時の母親はどうしてちゃんと子供の心に寄り添ってやれないのか、云々。思い出しながら書いているので、正確じゃないけれど、大体こんな話だった。

これね~・・・・。
まず最初に問いたいね。
おじいさん、あなたは娘さんやお嫁さんの子育ての援助をしたことあるんですか?と。常日頃、手伝っているんですか?と。母親が家事に追われているときとか、子連れだと不便な外出のときとか、相手を引き受けて一緒に留守番したり、あるいは一緒に外に遊びに行ってあげたりとかしているんですか?と。

母親は、朝から晩まで、子供に振り回されっぱなしなんですよ。毎日、毎日、何度も何度も、同じことを注意してやらないといけない。でも、なかなか言うことは聞かない。イヤイヤ攻撃を、キレずに、ぐっと耐えて処理しなければいけない。やっとひとり遊びを始めてくれたかと思ったら、とんでもない悪戯をする。たとえば、ハサミで自分の髪の毛を切るとか、トースターでパンを丸焦げにするとか。罰に物置にでも閉じ込めておきたいと、これはもう理屈抜きに思ってしまうけれど、そんなことしたら虐待だと通報される。ダメと言ってはいけない子育て、叱ってはいけない子育ての風潮の中で、やんちゃな男の子の母親はどれだけ忍耐していることか。

疲れているんですよ。
「やっほー」どころじゃないんですよ。
仮に「やっほー! ○○くーん」なんて返答して手を振ってあげたところで、子供がキャッキャと笑って母親の元に駆け戻ってきてくれるかってゆーと、それはほぼ妄想。鉄砲玉みたいな男の子は、母親に「やっほー」と声援を送ってもらったら、自分の行動が承認されたと思い、向こうを向いて丘を駆け下り、さらなる遠征へを旅立ってしまうか、あるいは「おかーさんも、こっち来てー」になってしまう・・・それが子供のリアルってもんですよ。ほんとーにヒマな母親なら付き合うこともできるでしょう。追いかけて一緒に遊ぶこともできるでしょう。そう出来れば理想的だということも分かっている。でも、大概のお母さんは、決まった時間に食事にするために、決まった時間までには買い物を済ませて帰宅して料理して食事にし、お風呂に入れて、寝かさなければならないのだ。そのいちいち、いちいちが、これまた一筋縄ではいかないときている。しかも、誰も手助けしてはくれない。なのに・・・

最近の子供は寝るのが遅い(睡眠不足だ)と言っては投書。
最近の母親は手作りの料理を作らないと言っては投書。
最近の母親は育児をテレビ任せにしていると言っては投書。
ついには、
「やっほー」と返事しないと言って投書???

冗談じゃないっすよ。
投書するのは簡単だけど、母親業の現実なんて何も知らないで、ちらっと覗き見して勝手なこと言うだけだもんね。
ホント、冗談じゃないっすよ。

酷暑

今年の夏がこんな恐ろしい夏になるとは、思っていませんでした。
9月なのに、なに、この真夏以上の暑さは!?

突然ですが、チヒロは保育園を正式に退園しました。7月のお誕生会の後は通わず、ほとんど家でわたしと一緒に過ごしてきました。お別れ会をしてくださるということで、8月末にもう1日だけ登園し、さようならしてきました。・・・、まぁ、この辺の顛末はいずれ改めて書けたら書くとして。

もっと普通の夏だったら、わたしとチヒロは、毎日わーっと表に出て遊びまくっていたと思うのですが、こう暑くちゃ、危機感が迫るので、日の高いうちは外出もままなりません。なんだかんだと屋内にこもって過ごす日々・・・。チヒロが赤ん坊の頃みたいに、二人きりでいることに耐えられなくなるということはないのですが、「閉じこもっている」ということを意識すると、ふと、4年前、チヒロを産んだ夏のことを思い出し、複雑な、切ないような気持ちになるのでした。一言で言えば、「あの日々はしんどかった・・・」です(苦笑)。

あの夏は、今年ほどじゃなかったにせよ、そこそこ暑い夏だったように思います。1ヶ月健診が終わって外気浴させようにも、外気=熱気で、悩ましい季節でした。あの夏は、毎日、24時間、エアコン入れっぱなしでした。夜の授乳もあったし、わたし自身が汗疹になったりもして・・・。でも、チヒロのためを思って、ぬるめの温度設定。すごく快適というほどでもありませんでした。夏バテなんだか育児疲れなんだか・・・もうとにかくぐちゃぐちゃの日々でした。

この酷暑の中、子供を産んだお母さんは、どんな大変な思いをしているのでしょうか。
ただ生活するだけでもげんなりしてしまう環境で、育児を頑張っているお母さんたちに、届かないけど、声援を送ります!!! そして願わくば、お母さんの周りにいる方々、ぜひ育児のお手伝いしてあげて下さい!!!

おでかけ

昨日、近所のママ友&キッズ(わたしとチヒロのペアを入れて3親子)で、猛暑の中、水族館に遊びに行ってきました。
他の親子は、弟or妹もいるので、総勢8人。

正直・・・大変でした。
なにより、4歳児(男の子)が3人揃うと制御不能になり、うっかりするとどんな恐ろしいことになるのかということを痛感しました。自分の息子ひとりだけでもかなり制御が難しいのに・・・(汗)。
それぞれが久しぶりに会っているママ友同士だったのが、元はと言えば良くなかったんだなーと思います。久しぶりに会うと、ついついいろんな近況や、愚痴、相談したいことなどおしゃべりしたくなるけれど、本当は、公共機関を使って移動したり、行楽地で遊んだりするときは、おしゃべりする余裕はないってことなのよね。子供をちゃんと見張っていないといけないし、水族館を見るなら見るで、子供の気を引くように促してあげたり説明してあげたりといったことを優先すべきだし。ママ同士のおしゃべりは普段し尽くしているような間柄でじゃないと、おでかけは無理だし、しちゃいけないんだと思いました。

3家族というのも、難しいのだなと思いました。
(上の子たちだけでも)3人いれば、個性もバラバラ。性格もそうだけど、体力面の強さ・弱さとか、物事の慣れ・不慣れ、食事やトイレのペースなど、本当にバラバラで、それに従って、どういう風に行動したいかという親の意向もずれてきてしまい、足並みが全然揃いませんでした。それでも、出来る限りは他と合わせようとお互いに気を遣い、妥協し、無理をし合ったと思うので、結局それで、それぞれがすごく疲れたと思います。気力も、体力も。軽くイラっとするときもあったし、イラっとさせた場面もあったんじゃないかと思うので、反省というか後悔というか・・・多分、もうこういう形でのレジャーはしないんじゃないかなぁと思います。今回の反省を行かして次は・・というのも、あるかどうか。さすがに「楽しかったね、また行こう」とは誰も言わないんじゃないかと・・・。

ママ友と交流するのも、わたしにとっては社会復帰の一環だからと思い・・・計画段階から連絡調整係に随分頭を悩ませたりもした今回のおでかけだったけれど、行楽地へ・・というのは、無理があったなーと思います。大きな事故もなく(ヒヤヒヤすることは多々あった!)無事済んで良かったと思わなくてはなりません。
てゆーか、「今度遊んで」と言われ続け、「遊んでくれない、嫌われているのかしら?」と思われたらいけないと思って、まずはそのママ&キッズとちょっと軽く一緒に遊ぼうと思い、初めは小さな話だけだったはずが、いつの間にか成り行き上こういうことになってしまい、結果はグダグダ。ママ友付き合いって本当に難しく、やっかいです。しかも、体験してみて初めて分かるという・・・。

はー、もう本当に、今回は疲れました!

わたし自身に、お疲れさん!

韓国ドラマ

更新がずっと出来なくて、あれも書こう、これも書こう、あれも書いておきたい、これも書いておきたいと思いながらの毎日。とうとう我慢できなくなって、夜更かししながら書くネタが、何故”韓国ドラマ”!?

今まで、韓国ドラマをちゃんと観たことがなかったわたしです。
ところが、チヒロの誕生日も過ぎた頃、義妹から、フジテレビの「韓流α」で放送される『宮(クン)Love in Palace』を是非観て下さい~と勧められ、義理で観始めたら、『宮』の次に放送されていた『美男(イケメン)ですね』に出ているチャン・グンソクという若い俳優さんにキュピーンとなってしまい・・・

って、久々のキュピーンは良かったんだけど・・・韓国ドラマって、観るのが大変なのよ、これが!
とりあえず、「韓流α」の放送は平日の月~金と毎日だし、韓国ドラマって、何でか一話が1時間半もある。ドラマを二つ観たら3時間! 当然、毎日その時間にきちんとは観れないから録画するんだけど、これを観るのも結局追いつかない。

チャン・グンソク君にキュピーンと惚れてしまって、一時的に(数日間?)メロメロになっていたわたしだけれど、状況の苦しさに負けて?かなり熱が冷めてしまった・・・というのは、まぁ、大した愛情じゃないってことですかね・・・(苦笑)。
TV放送の録画は、どんなに溜めてしまっても、まぁ、いつか観終わることができればいいんです。問題は、Gyaoのドラマ配信(『ベートーベン・ウィルス』)の方。週に3話も配信があって、しかもその配信がたった1週間で終わってしまうので、これは本当にキツすぎます。このドラマ配信のことを知らなければむしろ幸いだったのかもしれませんが、せっかく義妹が教えてくれたこともあり・・・。

でも、今のところ、ちょっと無理しつつ(夜更かししながら)、『ベートーベン・ウィルス』、ほぼすべて観ています。今日は第7話を観たところ。『ベートーベン・ウィルス』は、キツい、キツいと思いながらも、グンソクくんがなかなか良いので、諦めるのが難しいです。話自体も面白いし。韓国版のだめを言われているようですが・・・確かに、すべてパクリとまでは言わないまでも、ちょこちょこと、「オイオイ」と思うところはありますかねぇ(笑)。

『宮』、『イケメンですね』、『ベートーベン・ウィルス』を観てきて、思うのは、韓国ドラマって、なるほど熱いな~ということ。人物の感情表現が激しくて、清々しくもあり、羨ましくもあり、少し呆れもする、という感じです。韓国の俳優さんたちの泣きのシーンって、眼がじわじわと赤くなってくるところがリアルで良いなぁと思います。日本や欧米のドラマ・映画などで、今まで、眼が赤くなるかどうかという点について気にしたこともなかったので、新鮮です。
そして、韓国ドラマの中では、酷いことを言う人が多いですね~(笑)。ドラマを盛り上げるために(周りの登場人物の感情を煽るために)、脚本上、酷いことを言わせているのか、実際、韓国の人たちがいつもこんなノリなのか、結構、気になります。喜怒哀楽に限らず、いろんな心理の動き、言動がいちいち意外で、そういうところの”気になる”感が、韓国ドラマのツボなのかしら?と思ったり。

とは言え、『宮』について言えば、ヒロインのテェギョンとシン皇太子がなかなか納まるべきところに納まらないのは、”目が離せない”を通り越し、”イライラして見てられない”感じがして、ちょっと愛想が尽きてしまいそうです。24話全部観終わる日は来ないかもしれません。
韓流な日々が始まってからは、『龍馬伝』も朝ドラも、『新ビバヒル』もお預けになっており・・・ちょっと一度冷静になって、自分が何を本当に優先的に観たいのか考え直した方がよさそうです(苦笑)。

あー、いろいろ思うことがあるのは、ストレスが溜まるわ。
本当は、韓国ドラマ以外にもいろんなことを思っているし(←ドラマよりもっと大事なことのはず)、すべてをその都度全部吐き出せたらさぞかしすっきりするだろうと思うし、書いておけば、後で読んだとき自分にとって良い記録になると思うのだけど、文章にするのも、いざ取り掛かると結構大変で困ります。ごにょごにょと心の中で思っていることを、文章にするのは、難しい・・・・・・・って、以前のわたしはあまり思わずに、がーっと書いていたような気がするけれど、最近なんだか筆が進まないのは何故なんでしょうか。

(と言って仕方なく筆を置くわたしは、やっぱり、今回の更新もあまり満足はしていないのです。せっかく書いたし・・って感じでアップしています。)

ゆでたまご

ゆでたまごって、どうしても作る意欲がわかない。

玉子だけのために、お湯を10分も沸騰させようという気持ちになれないのよね。

ご案内

プロフィール

ガン子

Author:ガン子
2006.7.13、男の子を産みました。
ダメ母日記です。

カウンター

いくつになったの?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のエントリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。